保育士になりたい人必見!魅力的な求人が盛りだくさん

保育士の求人を応募する前に知りたい情報をお届け!

work.com

保育士になりたい人必見!魅力的な求人が盛りだくさん

子供と女性

保育士の資格

求人で見かける保育士資格ですが、幼稚園教諭に比べて養成所に通うことなく取得できます。国家試験の部類に入るので、習得できれば幅広く活用することができます。さらに、幼稚園教諭免許を取得済みの場合は、実技試験や筆記試験の一部が免除されるのでとても楽です。

女性と子供

求人の見方

求人情報で最も気になるのは給与ですが、記載されている給与額は雇用保険や社会保険料が差し引かれていないことがほとんどです。それを念頭に入れて手取りどのくらい入ってくるのかを確認しましょう。残業代の場合は、みなし労働時間制と固定残業の二つが存在します。これらは残業関係なく決められた額をお給料に反映されるものですが、このシステムがある場合高い確率で残業がある可能性があります。

ウーマン

履歴書を書く時に心得ること

一般的に、市販されているB5サイズの履歴書を使いますが、職務経歴書の作成がある場合はそれに合わせてもOKです。履歴書を書く上で重要なのは、気持ちを込めて書くこと、誤字脱字がないよう気を付けること、学歴や職歴などを偽らないことです。また、自己アピールや趣味の部分は自身をアピールする重要な部分なので、相手へしっかり伝わるように書きましょう。

男の人と子供

一日の流れ

保育士の朝はとても早く、朝7時から園児が登園する前準備をします。8時前にはほとんどの園児が登園をするので、その対応に追われます。園児の体調チェックを含め、保護者から情報収集を終えた後、朝の会を行ないます。これが終了すると、一日の始まりです。昼食は、園児の食事を配膳する係をするので自分たちは遅めの昼食になります。また保育園ではお昼寝時間が設けられているので、園児が寝ている隙に事務作業を行ないます。やることが沢山あるので気づいたらもうこんな時間というケースがほとんどでしょう。

働くならどっち?

都市部

とにかく給与が高く、一歩前に進んだ保育が可能です。交通便がしっかりしているので、勤務に困ることはありません。保育園の数が多いので、勤務先を選び放題です。

田舎

家賃共に物価が安いのは田舎の特権でしょう。自然が多く、それに触れ合いながら伸び伸びと保育ができます。スタッフ同士年齢が近いこともあり、仕事の相談がしやすい点もメリットです。

広告募集中